日本と違う?海外のビジネスマナー

日本における思慮深い心は通用しない?

日本人の美徳とも言える、察する心と空気を読む力。
一つ一つ言葉にしなくとも、何となく雰囲気で察することが出来る日本人のこの能力は、思慮深さとしても知られていますが、海外ではあまり評価されていません。
それどころか、何を考えているかわからない、物事をはっきりと言えない、陰気な民族と思われていることが多いでしょう。

日本人のこの美徳的価値観は、残念ながら海外のほとんどで通用しません。
相手を傷つけないように、自分に被害が及ばないように、オブラートに包んだ結果、オブラートに気が付かれずに、会話が台無しになることも多いでしょう。
お互いのためにもなりませんので、外国人を相手にする際には一度その美徳を捨てて、海外のビジネスマナーを知る必要があるでしょう。

海外での基本的なビジネスマナーは、言いたいことははっきりと伝え、曖昧な状態のままにしないということです。
日本人特有の、持ち帰って検討させていただきます、前向きに検討しまうという断り文句は、海外では通用しません。

何が良くないため、これを改善しないと、うちと取引することは難しいというように、しっかりと理由を伝えて、相手に自分の意思を伝えなければいけません。
きついと思われてしまうかもしれませんが、海外ではこのように、思っていることをズバッという力こそ、非常に重要となります。

途中経過を報告し、相談することも大切

日本人は、完成したアイデアや商品を、クライアントに見せようとしがちです。
ですが、海外でのビジネスの場合、途中経過や、結果を残すための相談をすることが、非常に重要となります。

途中経過を知っておくことで、手伝うことが出来る部分は手伝い、ミスがあった場合は早めに修正をすることが出来るでしょう。
また、途中経過の段階で、考えていることを相手に伝えることで、一緒に相談をすることが出来るのも大きな利点です。

例えば、商品を購入する際などに、何に悩んでいるのか、どんな商品がほしいのかなど、クライアントに伝えることで、クライアントはオーダーに応じた商品を提案してくれます。
自分だけの目で見るのではく、プロの目で見ておすすめしてもらえるからこそ、より良い商品を購入することが出来るでしょう。

イエスとノーをはっきりさせましょう

イエスとノーをはっきりと言えないのが、日本人の最大の弱点です。
この部分はビジネスにおいても非常に危険な思想ですので、絶対にやめましょう。

もちろん、相手に失礼にならない言い方を考えることは大切です。
これが違うと思うため、今回は遠慮するというように、しっかりと断りながらも、断っている理由をはっきりと伝えることで、相手も気分を害することはなくなるでしょう。
ついつい何でもイエスと言ってしまうと、都合よく在庫を引き取ってくれるゴミ箱状態になってしまいますので、イエスとノーは使い分けることが大切です。