日本とは大違い!?海外での働き方について

海外ではとにかく仕事が完了すればオーケー

海外の働き方で日本と大きく異なるのが、とにかく与えられた仕事が完了すれば、何でもOKということです。
企業によってももちろん異なりますが、多くの場合、朝遅くやってきても、夕方早く帰っても、仕事さえ出来ていればなんの問題もありません。
いわゆる、フレックス制度を設けて、個人の自由に任せている所が多いため、自分らしく働くことが出来る環境が整っていると言えるでしょう。

その代わり、よほどの事情がないと、仕事が終わっていない人は基本的に無能扱いです。
会社に利益を生み出すこと、自立して一人前として働くことが当然ですので、ある程度の能力がないと海外では働くことが出来ません。
言われた仕事をこなすだけでは十分とは言えず、自分で仕事を取ってくるぐらいの気持ちがないと、海外で働いて行くのは難しいでしょう。

無駄な残業をせずに帰宅

このように、労働スタイルが日本と大きく異なるため、仕事さえ終われば、残業なく帰ることが出来る点も大きな特徴でしょう。

上司の仕事が終わっていなければ帰ることが出来ないという、日本の悪しき風習は、当然ながらありません。
自分の仕事が終わったらサクサクと家に帰り、人の仕事を手伝うということはほとんどないでしょう。
もちろんこちらも企業によって異なりますが、基本的に、自分のことは自分でやるというスタンスを貫くことがほとんどです。

休む時はとことん休む

海外の働き方は、働く時はとことん働き、休む時はとことん休むという、オンとオフの切り替えをはっきり行う傾向があるでしょう。

ダラダラと働くくらいなら、早く仕事を終えて帰宅したいという方がほとんどですので、集中力が違うと言っても過言ではありません。
時間内はデスクに張り付いていないといけない日本企業とは大きく異なり、集中力の高い人が海外には多いでしょう。