海外の「休暇の過ごし方」について

海外の休暇の特徴であるバカンス!

日本にはない、海外の休暇の特徴と言えばやはり、バカンスのシステムです。
一年に一回、丸々一か月近くを休日に使い、盛大な夏休みを送ることが出来るのがこのバカンスの特徴で、じっくりと自分の時間を使うことが出来るでしょう。
これだけ長期的な夏休みは、日本では、社会人となってからはありえないと言っても過言ではありませんので、非常にうらやましい部分です。

バカンスの際には、リゾート地へ出かけてのんびりと過ごしたり、盛大に趣味に打ち込んだり、長期旅行に出かけたりなど、過ごし方は人それぞれです。
ですが、このバカンスでゆったりと自分の時間を過ごすことで、また一年、精を出して働くことが出来る、リフレッシュすることが出来るといえるでしょう。

バカンスは主に夏のタイミングで取られることが多いのですが、企業によっては少しずれたバカンスシーズンになる場合もあるようです。
接客業などの場合は特に、混雑するバカンスシーズンに、従業員がバカンスに出るのは難しいため、ある程度時期をずらして取らせることが多いでしょう。

クリスマスシーズンにクリスマス休暇もあり

海外の休暇でもう一つ有名なのが、クリスマス休暇です。
>>https://fx-works.jp/yougo-kurisumasu/
クリスマスシーズンに取ることが出来る冬休みで、12月20日前後から、1月2日頃まで、日本と比べると少し早めの冬休みを取ることが出来るでしょう。

海外では仕事始まりが1月2日からの企業が多く、それに合わせてクリスマス休暇が早めに設けられています。
有給休暇と組み合わせることで、より長く、充実した冬休みを送ることが出来ますので、海外の方からは重宝されているでしょう。

また、クリスマスは地域によっては、盛大なイベントごとです。
日本に比べると、敬虔なキリスト教徒が多いため、この日のために、盛大なパーティーを準備しているというご家庭も決して少なくないでしょう。
ごちそうやドリンクなどをたっぷりと用意して、家族と過ごすことが風習となっています。

企業によっても休める休日が異なります

北米の休暇で特徴的なのは他にも、感謝祭である、サンクスギビングデイと呼ばれる祝日です。
アメリカでは11月の第四木曜日、カナダでは10月の第二月曜日がこれにあたり、数日間連休をゲットすることが出来るのが特徴です。

サンクスギビングデイでは主に、家でゆったり家族と過ごしたり、恋人と過ごすという方が多く、お出かけをするというよりも、ゆっくり体を休める選択をする方が多いでしょう。
サンクスギビングデイの日程は企業によって異なる場合も多く、小売店などの場合は、連休を狙って特別セールを開始するところもあるため、休みが別日程になることもあります。
働いている企業によってこの休日の取り方が異なりますので、サンクスギビングデイのスケジュールを確認しましょう。