トランプ大統領が選挙に勝った理由とは

支持率の集め方が効率的なトランプ氏

オバマ大統領に代わり、第45代大統領選挙を制し、大統領に就任した、ドナルド・トランプ大統領。
トランプ氏が選挙で勝ったものの、実はそこまで大差をつけることなく、数パーセントの差で、勝利をしたことで知られています。

そんなトランプ氏の勝利の理由の一つ目は、とかく、支持率の集め方が非常に効率的だったという点です。
州ごとの得票率で、最も票数を獲得しやすい州を中心に巡り、様々な政策の提案、そして、様々な活動を行ってきました。
票数が多い州から積極的に廻った結果、効率よく得票率をアップさせることに繋がり、獲得票数を増やす結果に繋がったといえるでしょう。

特に、激戦州として知られているフロリダ州の票数を獲得したことが、一番の勝因と言えます。
フロリダ州では人口の多さから、有権者の数や選挙人の数も多く、いかに票数を多く獲得するかが、過去の選挙でも分かれ目となっています。
過去のオバマ氏の選挙戦においても、オバマ氏が獲得した州として知られており、トランプ大統領は、何が何でも取りたいという意気込みがあったと思われます。

白人の支持率が圧倒的人気の勝利

トランプ大統領は、白人からの支持率が圧倒的に高く、有権者である70パーセントの白人のうち、実に58パーセントもの人が、トランプ大統領を支持していたというデータが打ち出されています。
その中でも特に、大学教育を受けていない白人男性からは7割、女性からは6割という高い支持を受けた結果、白人の支持率がアップしたといえるでしょう。

オバマ大統領が就任をする前の選挙時には、黒人票で93パーセントを獲得しており、非常に高い支持率を集めています。
有権者は、選挙候補者を比べて、自分に近しい人種の候補者に票を入れる傾向があり、トランプ氏の場合も、その点が功を奏したと考えられるでしょう。

高齢者に幅広く支持された結果の勝利

トランプ氏の場合は、高齢者からの支持を最も多く受けており、非常に幅広い州で、高齢者を中心とした票数を獲得しています。
トランプ大統領の政策プランなども相まっており、高齢者の支持を受けやすかったことが、大きな勝因といえるでしょう。
最後まで他の有権者と接戦を繰り広げていましたが、結果として、僅差でトランプ大統領が勝利を収めました、

このようにトランプ大統領の場合は、激戦区での勝利、有権者率の高い人種からの支持率、そして、高齢者からの支持率など、様々な要因が重なって、勝利へと導かれました。
今後日本との友好関係も変わらずに行われていく考えで、日米関係は、今後も平和的に、安泰であると言っても過言ではありません。