日常で使う英語とビジネス英語の違いを知ろう

日常会話とビジネス会話は全く別物

英文法やスペルなど、基本的な英語知識や、挨拶などの日常会話程度であれば、独学で勉強することは難しくありません。今まで英会話を学んだことがなかった人でも、数週間の学習で日常会話を把握した、なんてこともあると思います。ですが、本格的な英語能力を必要とするビジネスにおいては、ただ日常会話が話せる程度では通用しません。日常会話に使う英語とビジネスに使う英語ではそれほど似て非なるものなのです。ですので、「特技は英語です」なんて言うからには、ビジネス英語が出来ていないといけないでしょう。

ビジネス英語とはその名の通り、ビジネス用語も含めて英語のコミュニケーションが出来ることです。クライアントとの交渉、商談、商品の説明など、細かく説明できなければなりません。日本語と同じレベルで英語を話すことが出来ないと、こう言ったビジネスの場面でコミュニケーションは成立しません。また、ビジネス英語を使うのは、電話や直接など、自分の声を使って相手に伝えることがほとんどです。その為、発音が明確でないと相手に理解されず、相手にされなくなる恐れもあるでしょう。

ビジネス英会話をマスターするには信頼のおけるクラスを探す

こうしたビジネス英語をマスターするためには、日常会話をレクチャーするような英会話教室に通うのではなく、ビジネス英語に特化している教室に通うと良いでしょう。会議や交渉、メールのやり取り等、ビジネス場面で実際に活用できる英語を学ぶことが可能です。

ビジネス英語を教えているスクールはいくつかありますが、ビジネスの場面で実際に使うとなると、ちゃんとした所で学ばないと、せっかく英語を学んでもうまく活用することが出来ません。時間とお金を無駄にしないためにも、信頼のおける英会話教室に通うことをおすすめします。

ビジネス会話が出来ないと、仕事上では利用できない

このように、ビジネス英会話とは高い能力が求められますので、一朝一夕で身に着けることは難しく、独学にも限界があるでしょう。しっかりと学ぶためには、本格的な語学留学、または英会話教室に通うことが大切です。とは言いましても、いきなりビジネス英会話のクラスから学んで、しっかりと能力を身に付けられたという方もいますので、英語能力が皆無という方でも勇気を持って第一歩を踏み出してみてください。

ちなみに、もちろん予習復習をすることも大切です。一日も早くビジネス英会話を身に着けるためには、本人の努力が欠かすことが出来ないといえるでしょう。