英語を使う仕事一覧を大発表!

通訳でコミュニケーションのサポートをしましょう

英語を使った職業の中でも特に人気が高いのが、通訳者のお仕事です。
通訳者のお仕事は、雇い主とクライアントの間に入り、言葉の壁を無くすため、お互いの意思疎通を図るお手伝いをする仕事でしょう。
自分の思っていることをスムーズに伝えて、相手との円滑なコミュニケーションをサポートする、重要な役目と言えます。

通訳でもいくつか種類があり、雇い主だけに相手方何を言っているのか伝える通訳もあれば、お互いの意思を同時通訳する場合もあります。
基本的に同時通訳レベルが求められますので、高い英語スキルが必要になると言えるでしょう。
雇用主とクライアントが気持ちよくコミュニケーションするためにも、お国柄の事情やマナーを初め、様々な知識を持ち合わせて置くことが大切です。

翻訳家は著書を広く世に伝える

翻訳家は、海外の著書を日本語に訳して出版したり、その逆もしかりの、英語文章に関するエキスパートです。
また、映画の吹き替え字幕や、日本語吹き替え版のセリフ作成など、媒体に関わらず、翻訳家は活動をしているでしょう。

翻訳家の仕事は、とにかく、スピードと正確さが重要です。
歩合制の仕事がほとんどで、納期が早い人から仕事を勝ち取ることが出来る場合が多いため、仕事を取るには、様々なスキルが必要になるでしょう。
正確さはもちろんですが、とにかくたくさんの量を仕上げられるかどうかが、大きな決め手となると言っても過言ではありません。

また、翻訳家によっては、同時に二つの仕事を掛け持ちするということもザラにあります。
二つの作品が頭の中でごちゃ混ぜになってしまわないように、考えを整理する能力、分離する能力も必要でしょう。

ビジネスの場面でも利用どころたくさん

他にも、外交官や商社マン、海外に取引先がある企業など、英語能力を必要としている仕事は少なくありません。
企業によっては、一定の英語能力がない場合は、雇われないことも少なくありませんので、目標としている場所によって、仕事を決めていきましょう。

また、現在は英語を特に必要としない企業に勤めていても、スキルアップするために英語を勉強することも大切です。
将来的に、転職や、新規事業立ち上げなどで、英語が必要となる場合もあるでしょう。
必要になってから慌てて勉強をしても後の祭りです。
その時にどっしりと構えて対応が出来るように、英語能力を日頃から磨いておくことをおすすめします。