注目されている日本のマンガ文化

日本語や日本の文化に興味を持つきっかけとなるマンガ

日本が自国の魅力を世界に発信するクールジャパン政策でも、代表的な柱として扱われているのがマンガやアニメです。
日本でも人気の高いドラゴンボールやNARUTO、ワンピースなど、数多くのマンガやアニメが海外で評価されています。

漫画アニメが海外でも高く評価されているのは、ストーリー作りが丁寧で絵も美しい、キャラクターに魅力があるなど、作品の完成度が非常に高いからです。
日本は独自文化があり、NARUTOを通じて忍者を知った外国人も多くいます。
マンガやアニメなら、言葉や文化が違っても受け入れられやすい……、そんな魅力があります。

また、これらのメディアを通じて日本の文化や言葉に興味を持つ人も増えてきました。
実際に、日本文化をもっと知るために、日本語を学びたいという人が増加しているそうです。
これはマンガやアニメの大きな影響といえるでしょう。

今後、グローバル化がますます進むなか、日本の魅力を世界の人に理解してもらうために、マンガやアニメは大きな武器となるのではないでしょうか。

海外で人気のマンガ・アニメ

では、海外ではどのような日本のマンガやアニメが人気なのでしょうか。
受けているマンガ・アニメ作品は、国や地域によって異なります。

アジアではドラえもんやSLAM DUNKが大人気ですが、アメリカやヨーロッパではあまり受け入れられていません。
その一方で、アジアでもアメリカでも、ヨーロッパでも人気なのが、NARUTOです。
ナルトをはじめさまざまな忍者たちが登場しますが、主人公のナルトが金髪で青い目をしており、日本人離れした容貌であることも受け入れられやすい理由の一つではないでしょうか。
そして忍者やサムライは日本独自の文化として、海外では大きな人気を得ていますが、ここに海外でも受け入れられやすいキャラクターが登場することで、人気を博していると考えられます。

また日本のマンガやアニメを見て、自国とは違う日本の生活習慣や文化を知った外国人もたくさんいます。
例えば、学校に清掃員がおらず、生徒たちが自分で掃除していることに驚く外国人が目立ちました。
生徒みんなで掃除をするから、掃除時間が短く清掃員を雇うお金を節約できるなどと、評価されています。

また、学校に部活動があって、みんなが積極的にがんばっている様子に驚く人もいました。
海外の学校では部活動がそれほど盛んではない国が多く、しかも日本のように厳しい訓練などはしないのが一般的です。
ですから部活動が楽しそうという声も目立ちます。

このほか、日本語は丁寧で罵倒語がほとんどなく、相手を罵らないのが素晴らしいというコメントや、お兄ちゃん、お兄さん、お兄様のように、相手を呼ぶときの呼称がさまざまで、それぞれニュアンスが違うというコメントなど、日本人が何気なく行っていることに対して、新鮮に感じる人が多いようです。