アイラブニンジャ!外国人の忍者愛について調査してみた

外国人にニンジャのことを聞かれたら

遠路はるばる海外からやってくる方の中には、古き良き時代の伝統、忍者を求めてやってくる方が少なくありません。
忍者が未だに日本に現存している、江戸時代的雰囲気で街が溢れていると勘違いをしている外国人も多く、現物を目の当たりにして、がっかりするという方もいるでしょう。

せっかく日本まで来てもらったのであれば、是非とも忍者に会いたいと考える、アイラブニンジャ精神の外国人さんは少なくありません!
本物に会えずとも、忍者体験をすることも可能ですので、外国人を案内する際には、これらのニンジャスポットをおすすめしてみてはいかがでしょうか。

ニンジャのいる場所にご案内

江戸村などを始め、忍者の役者さんと会うことができるスポットは数多く存在します。
本物の忍者に負けず劣らず、俊敏で、修行を詰んだ忍者が多くいますので、外国人の忍者欲求を満たすためにはぴったりと言えるでしょう。

ニンジャがいるスポットでは、忍者だけではなく、お侍さんなどに会える場所もあります。
とにかく江戸の雰囲気に浸りたいという外国人には、まさにぴったりのスポットと言えるでしょう。
また、忍者屋敷などの、からくり屋敷に入って、からくりを自分で体験することが出来る場所もありますので、楽しんでもらいたいという方にはぴったりです。

自分で忍者を体験できるプラン

忍者を思う存分見尽くしたあとは、外国人の方も、忍者体験をすることができるプランに挑戦してみましょう。
服装、修行など、忍者に関する様々なアクティビティを体験することが出来ます。
忍者そのものに自分が変身をすることが出来ますので、海外人からは大好評でしょう。

実際に衣装を身に着けることが出来ると同時に、実際に忍者が行っていた修行を体験することが可能です。
プロの忍者に指導をしてもらいながら、本格的な忍者体験をしつつ、すいとんの術、手裏剣修行などもマスター出来るでしょう。

ニンジャが使いそうなアイテムをお土産に

忍者体験を終えたら、是非ともお土産に、忍者にまつわるアイテムを購入して帰りましょう。
手裏剣や忍者衣装、足袋や水筒など、忍者にまつわるアイテムには色々とありますので、是非とも購入をしたいものです。
忍者体験が出来ずとも、お土産にもぴったりのアイテムですので、プレゼントにも最適です。

刃物関係の場合、危ないのでレプリカを送りましょう。
もし本物を送りたいという場合、持ち運びに厳しいことがほとんどですので、帰宅する前に宅配便で送るという方法を取ることがおすすめです。

ある程度お金がかかってしまいますが、ほぼ間違いなく刃物は空港で取り上げられてしまいます。
せっかく購入をしたにも関わらず、手に入れることが出来ないという悲しい事態を防ぐためにも、事前に対策を講じておきましょう。